女の人

肌のたるみは人工的に解消しよう|アフターケアが無料の病院を探す

老いにさようならを

先生

自分らしく若返ろう

いつの時代も女性は老いと向き合うものです。見た目の老い、閉経などの身体の老いなど、いくつもの老いの経験を女性は乗り越えていくものです。でも見た目の大きな変化にはたじろぐ女性も多いのではないでしょうか。とくに顔のたるみは、まるでブルドッグのような見た目になることもあります。そのままの老いを受け入れることもステキなことですが、定期的に手入れを行い、いつまでも若々しい女性でいるのもステキなことではないでしょうか。そこで、今こそ美容整形という方法に着目してみましょう。昔に比べると美容整形の技術は格段に向上していますし、見た目の違和感もとても低いものです。また、美容整形の敷居も低くなってきました。プチ整形と呼ばれるメニューが登場し、たるみにもライトな方法で施術する人も増加しました。こうしたお手入れをカミングアウトする芸能人やグラビアアイドルも増加したので、昔よりももっと気軽に挑戦できる存在になってきたのです。ではそんな美容整形ですが。女性の見た目を悩ませるたるみにはどのように対処しているのでしょうか。たるみが生じる部分の代表的なエリアは頬や眼のあたりです。この部分は年齢とともに徐々にたるんできてしまい。顔全体が垂れ下がって見える原因になります。そこで美容整形は一般的に「リフトアップ」を顔に施します。内視鏡などを使用する方法や、頭部から頬をリフトアップする方法などが有名です。また、特殊な糸を使って左右に引っ張るような施術もあります。どの方法もポピュラーな方法です。

脂肪も原因です

頬や顎のあたりにたるみが溜まってしまっているように見える場合は、「脂肪」に対処することでたるみが無くなったように感じることもあります。そこで、脂肪吸引もたるみ解消の選択肢にあります。一般的に脂肪吸引と耳にすると腹部の脂肪を吸引するイメージがあります。でも脂肪を吸引する管は非常に細く、傷痕が残らないように顔の脂肪を吸引することが出来ます。この方法を行う場合、フェイスラインを一気に矯正することができるので、理想のフェイスラインを一度に手に入れることが可能です。顔のたるみも垂れ下がっている部分を解消することで一気に若返っているように見えます。このようにフェイスリフトだけが美容整形ではないので、自分が求める顔の造形を考え、適切な施術を選択するようにしましょう。メスを全く使わない方法にも注目が集まりがちですが、目元のたるみを早急に改善するにはメスを使う方法はスピーディーです。特にまぶた周辺のたるみは切除などのメスを伴う手術を行うことで、とても早く理想の顔を実現できます。たるみの手術はこのようにいくつもの選択肢があります。但し、メリットとデメリットがあるのも事実です。メスを伴う手術は完成度が高いですが、腫れを伴うのでダウンタイムが必要になります。すぐに見つからないように仕事に復帰したい、などの願望がある場合にはダウンタイムがほぼない注射での施術を希望するようにしましょう。注射は後遺症もほとんど例がない安心の方法です。