女の人

肌のたるみは人工的に解消しよう|アフターケアが無料の病院を探す

若々しい顔を取り戻す

女の人

注射やレーザー機器の利用

年を取ると真皮層のコラーゲンが減少し、肌のハリが失われるとともに、深いシワができやすくなります。マッサージや化粧品でたるみを隠したり、進行を防いだりすることはできますが、劇的に改善するのは難しいのが現状です。エステでもなかなか取れない顔のたるみは、美容整形外科に相談するのがひとつの解決策になります。整形というと大がかりな手術を想像しがちですが、近年では手軽にできるプチ整形の手段もいろいろ開発されていて、比較的安価な料金で試してみることができます。たるみ解消に人気の高いプチ整形としては、ヒアルロン酸やプラセンタの注入があります。ヒアルロン酸は元々体内にある安全な物質で、注射してもアレルギー反応などの心配がありません。シワができている部分に注入すると、凹みが改善されピンと張った肌に戻すことができます。プラセンタは細胞の成長を促す成分で、真皮のコラーゲンやエラスチンの生成を促進し、肌の弾力を復活させる効果が期待できます。またレーザーや高周波などを照射する方法もあります。肌の表面に照射されたレーザーや高周波は、真皮層で熱エネルギーに変わり、周辺の組織に刺激を与えてたるみを引き締めます。同時に刺激を受けた細胞が分裂を活性化させ、大量のコラーゲンを産み出して、肌のハリを取り戻します。たるみだけでなく、毛穴の引き締めやニキビ跡の改善にも応用することができ、小顔効果も期待できるのが特徴です。これらの治療器には多くの機種があり、導入されている機種はクリニックによってさまざまです。

リフトアップ手術も検討

たるみ解消のプチ整形のメリットは、料金が安いことだけでなく、ダウンタイムが短いことや副作用が少ないことも挙げられます。施術そのものの時間も短く、痛みや腫れが出にくい上に、メスを使わないので感染症などの危険もほとんどありません。施術後はすぐにメイクが可能で、ゆっくりと時間が取れない方にも人気があります。新技術の開発により、これまで施術しにくかった部位にも施術できるようになり、顔全体のたるみ解消に効果が期待されています。プチ整形は手軽な反面、効果がそれほど大きくなかったり、時間が経つと元に戻ってしまったりすることがあります。そこでもっと確実かつ半永久的な効果を希望する方には、リフトアップ手術がお勧めです。リフトアップ手術にも、メスを使わず糸を入れて吊り上げたり、生え際を切開して余分な皮膚を切り取ったりと、幾つかの方法があります。糸を入れる方法は体への負担が比較的小さいことがメリットです。切開する方法はダウンタイムはやや長くなりますが、最も確実にたるみを取る方法と言えます。ただし生え際とはいえ傷跡が残るため、縫合の上手な医師に施術を依頼することが条件です。リフトアップは精密な技術を必要とする手術です。吊り上げ方が足りなくて効果を実感できなかったり、逆に吊り上げすぎて不自然な表情になってしまったりすることがあります。このようなトラブルは、事前のカウンセリングが不十分なとき起きやすくなります。信頼できる医師とじっくり話し合ってデザインを決めることが大切です。